オージオのビューティーオープナーの全成分と効果!口コミで気になるのは匂いだけ?

オージオのビューティーオープナーの全成分から効果や評判を評価

ビューティーオープナーの容器

 

 

たった一滴で応えてくれる美容液として人気のオージオのビューティーオープナー美容液の効果について、全成分からその効果を評価していきます。

 

オージオのビューティーオープナーは卵の殻の膜を利用した『卵殻膜美容液』ですが、その卵殻膜エキスを95%という高濃度で配合しているのがビューティーオープナーの特徴で、導入美容液という位置づけです。

 

つまりビューティーオープナーの効果を知るには、この卵殻膜エキスが本当に美容に良いのか知れば良い事になります。

 

卵殻膜は自然の成分でありながら美容効果が高い事で注目され、今では洗顔にも応用されているほどです。

 

と言う事はビューティーオープナーの全成分を調べ、卵殻膜エキスとそれ以外の成分を評価すればビューティーオープナーの本当の効果を評価できる事になります。

 

 

11057


ビューティーオープナーの注目成分は卵殻膜

ビューティーオープナーの全成分と主な作用は次の様になっています。

 

ビューティーオープナーの全成分

成分名

主な作用

 
BG 植物エキスを取り出す時に使用されるので必ず含まれる。
ペンチレングリコール 殺菌剤。皮膚の雑菌を抑え保湿効果もある。
加水分解卵殻膜 保湿と肌にハリを与える。卵の殻の内側にある膜。
ヒアルロン酸Na 保湿と肌にハリを与える。肌の内側でコラーゲンなどの細胞の間を埋めている。
スクワラン 保湿と肌にハリを与える。皮膚を柔らかくし肌のバリア効果もある。
カンゾウ根エキス 保湿と肌にハリを与える。メラニン抑制と抗炎症作用もある。
バラエキス アンチエイジング。ローズポリフェノールに抗酸化作用がある。
ローズマリー油 エッセンシャルオイル。爽やかな香りで爽快感がある。
レモングラス油 エッセンシャルオイル。レモンに少し甘さを加えた香り。
ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム) エッセンシャルオイル。甘くバラの様な香りとミントの香り。
デキストリン 成分を安定させ美容液の劣化も防ぐ。
オレイン酸ポリグリセリル−10 合成界面活性剤。乳化剤。
クエン酸Na pH調整やキレート剤。肌の引き締め。
クエン酸 アンチエイジング。美肌。

 

ビューティーオープナーの成分は卵殻膜だけでなく、ヒアルロン酸やスクワランなどスキンケアでは定番の成分も含み、その他にカンゾウ根エキスとローズポリフェノールで肌組織の酸化防止へも対応している様です。

 

またエッセンシャルオイルも含み使用感アップも考えられていると言え、卵殻膜エキス以外にも美容オイルの様な成分になっています。

 

しかし気になるのは、やはり卵殻膜エキスでしょう。

 

この卵殻膜について評価するタメに、さらに卵殻膜について見ていきます。

卵殻膜の肌への効果

ビューティーオープナーの特徴と言える卵殻膜の肌への効果を見ていきますが、その前にそもそも卵殻膜とは何なのか確認しておきましょう。

 

卵殻膜

 

ビューティーオープナーの公式サイトでは、この卵殻膜の効果として次のものを取り上げています。

 

  1. V型コラーゲンの生成をサポートする。
  2. 肌に透明感を与える。
  3. ハリ・ツヤ・弾力を与える。
  4. 潤いを与える。
  5. 肌への浸透力が高い。
  6. キメを整える。

 

そして卵殻膜に効果が期待できるおもな理由には次の2つがあります。

 

  1. 人の肌の成分と卵殻膜の成分は近いので浸透しやすい。
  2. 卵殻膜には美肌成分のL−システインが多く含まれている。

 

卵殻膜はゆで卵を作った時によく見る事ができ、殻の内側と白身の間にある厚さ0.07mmほどのうすい膜です。

 

この膜はアミノ酸・コラーゲン・ヒアルロン酸で出来ているので肌や髪の毛の成分に近く、同じ成分どうしなので肌に浸透しやすいというのは確かです。

 

相撲部屋では切り傷ができた時に卵殻膜を傷口に貼るという習慣があり、そうすると治りが早く、その後傷口も柔らかくなるので皮膚が切れづらくなると言われているそうですが、その理由はココにあったワケです。

 

卵殻膜にはプロテオグリカンも含まれています。

 

シミに強いL-システイン

また美肌成分のL−システインが多く含まれているという事ですが、これは皮膚の中に存在するアミノ酸の事です。

 

卵殻膜にはこのL−システインを構成する”シスチン”が人の肌の5倍以上含まれている事が知られています。

 

L−システインは”シミ”や”そばかす”のケア商品に良く使われる成分でもあり、メラニンに作用する事で知られていますが、そんな成分が卵殻膜には自然に含まれているという事です。

 

 

ではV型コラーゲンはどうでしょう。

 

V型コラーゲンの生成をサポート

V型コラーゲンは赤ちゃんの肌に最も多く存在するコラーゲンですが、年齢と共に減っていくコラーゲンで、およそ25歳を境に減って行くと言われています。

 

ツルツル・もちもちの赤ちゃんの肌を思い浮かべればわかる様に、細かくて弾力があるのがV型コラーゲンですが、ビューティーオープナーにこのV型コラーゲンが含まれているワケではありません。

 

卵殻膜にはこのV型コラーゲンを作り出す線維芽細胞を増やす効果がある事がわかっているのです。

 

線維芽細胞が増えるとコラーゲンだけでなく、ヒアルロン酸も増える事をキューピーの研究所も発表しています。

 

卵殻膜は食べても意味がない

これだけを見ていると、「それならゆで卵を膜ごと食べていれば肌にも良さそう」と感じるかも知れませんが、残念ながら卵殻膜はそのまま食べても分解されないので吸収もされません。

 

これは卵の中身を守るタメにある膜なので、熱に強く水や油にも強いからですが、肌に貼る・塗るとなると成分を肌に補給するだけなので、食べるのとはワケが違ってきます。

 

卵がフカすれば卵の中のヒヨコを包み守っている成分だと考えれば、良いイメージしかわいてこないでしょう。

 

東京大学の発表で始まった

この卵殻膜と肌の関係を、東京大学の教授が論文として発表したのが美容に応用されるキッカケと言えるでしょう。

 

ビューティーオープナー 東大

 

卵殻膜を利用したビューティーオープナーは「シミ」「しわ」「ほうれい線」など肌の美容にはもちろん、そばかすやニキビなどの肌のトラブルにも効果が期待できそうな性質を持っていると言えそうで、「卵の膜でパックしたらどうなるか?」と想像して見るだけでもその効果が実感できそうです。

 

ビューティーオープナーは卵殻膜にある自然の成分を補給する事になるので、この仕組みなら女性だけでなく男性の利用も多くなって行くかも知れません。

 

*効果についてはこちらのページもご覧ください。
ビューティーオープナーは効果ないと言う人の原因と知っておきたい話

 

 

卵殻膜で洗顔も

 

卵殻膜の美容効果は美容液のビューティーオープナーだけでなく、すでに洗顔料にも応用されています。

 

この事からも卵殻膜の美容効果が注目されている事がわかりますが、洗顔の分野でも卵殻膜について説明されているのはビューティーオープナーと同じL−システインとV型コラーゲンです。

 

卵殻膜の効果

 

 

美容液と洗顔の違いはあっても、同じ卵殻膜なので同じ説明で当たり前の話ですが、この2つの特徴が卵殻膜の代表的な効果という事ができ、ビューティーオープナーの効果と言う事ができます。

 

 

 

 

ビューティーオープナーのシミや毛穴への効果を評価

ビューティーオープナーの効果を評価する上で考えておきたいのは、ビューティーオープナーのシミや毛穴に対する効果です。

 

シミ・そばかすへの効果はシステインの抗酸化作用

ビューティーオープナーに含まれる卵殻膜エキスはV型コラーゲンが生み出される事をサポートするので、肌のターンオーバーが促進され、新しいきれいな肌を産み出す力が強化されるのは間違いないです。

 

新しい肌が生み出されると、古い肌組織は肌の表面に押し出されてくるので、シミも自然に肌の表面に上がってきて消えてしますのが普通の状態です。

 

しかし、それを待っていては時間がかかるし肌のターンオーバーが乱れると、シミもなかなか表面に上がって来ません。

 

そこで通常の美白化粧品ではシミの正体メラニンを分解する成分を入れる事になります。

 

ハイドロキノンにアルブチン、ダーマホワイト等がシミに作用する代表的な成分で、POLAのホワイトショットではビタミンC
誘導体にルシーノールが使われています。

 

ではビューティーオープナーではどうなのか?

 

ビューティーオープナーには卵殻膜の効果で取り上げた「L−システイン」が含まれています。

 

L−システインはメラニンを発生さないずキレイな肌を維持するタメに必要なアミノ酸で、大豆や小麦に胡麻などの食品にも含まれていますが、美肌を維持するだけの量を食事から摂るのは難しい成分です。

 

L−システインの主な効果は

 

  • 肌のターンオーバーを促進する
  • 代謝のサポート(エネルギーを作り出す)
  • 抗酸化作用

 

どれもシミに良さそうですが、注目すべきは抗酸化作用でしょう。

 

抗酸化作用があるという事は還元作用もあるという事です。

 

と言うことはできてしまったシミを還元し、元の状態に戻す事が期待できる事になります。

 

さらにシミの発生を防ぐ成分は、そもそもシミが作り出されるメラノサイトに直接届かなければ意味がありませんが、メラノサイトは皮膚の角質層の更に下にある真皮層にあり、そこまで成分を浸透させる事は簡単ではありません。

 

メラノサイト

 

これを考えると、肌の奥深くへ浸透させるより肌のターンオーバーにより上に上がってきたシミを還元作用により分解し、無色にしてしまうのが効率が良いと言えます。

 

ビューティーオープナーに含まれるL−システインは、メラニンの発生を抑制し抗酸化作用もあるので、上がってきたシミを効率よくねらうので、シミへの効果も期待できると評価する事ができます。

 

また肌のターンオーバーを促進しメラミンを狙い撃つという事は、シミの他にもメラニンが原因となるそばかすやニキビ跡にもビューティーオープナーは強い味方になりそうです。

 

ビューティーオープナーにはこの他に抗酸化作用があるローズポリフェノールを含むバラエキスも含まれています。

 

L−システインはシミ・そばかすなどの肌トラブル用の医薬品にも使われる成分です。

 

毛穴やほうれい線にはハリや弾力の復活で対応

ビューティーオープナーには毛穴に直接作用する主な成分は含まれていません。

 

毛穴の開きを戻すにはビタミンC、ハマメリエキス、アーチチョーク葉エキスなどの収れん作用がある成分で毛穴を引き締める必要があります。

 

しかしビューティーオープナーは引き締める事ではなく、肌のハリや弾力をよみがえらせる事により毛穴を目立たなくする事で毛穴のトラブルに対応しています。

 

毛穴を強制的に引き締めるのではなく、自然な作用で自然な状態に戻すという事です。

 

またビューティーオープナーにはクエン酸が含まれています。

 

クエン酸と言えばレモン汁に含まれるあのすっぱい感じです。

 

このクエン酸は肌の引き締め効果があるので、ビューティーオープナーは肌のハリや弾力を戻す事の他にもクエン酸で毛穴に対するサポートをしていると評価できます。

 

ハリと弾力が出るという事は、肌の凹みによるほうれい線のカバーもできビューティーオープナーは美白だけではない事がわかります。

 

ビューティーオープナーのローションとクリーム

ビューティーオープナーは導入美容液という位置づけですが、この他にもビューティーオープナーのローションとクリームがラインナップされています。

 

このローションとクリームも揃えることでビューティーオープナーがラインで使え、洗顔後にビューティーオープナー美容液、その後ローションとクリームという使い方が想定されています。

 

ビューティーオープナー ローション

ビューティーオープナーローションは高濃度の卵殻膜エキスはもちろん、その他の主な成分は次のものが含まれています。

  • カルノシン
  • プラセンタエキス
  • セラミド
  • リンゴ幹細胞エキス

 

これらのエキスも浸透力を高める事に成功しているので、導入美容液で肌を柔らかくしたところへビューティーオープナーローションを使用すればより一層効果的というわけです。

 

金は抗酸化作用がありますが、「腐らないリンゴ」でお馴染みのリンゴ幹細胞エキスも使用され、肌の再生のサポートに力が入れられています。

 

ビューティーオープナーローションは、卵殻膜エキスを含んだ幹細胞コスメという事ができます。

 

*腐らないリンゴ:「ウトビラー・スパトラウバー」というスイス原産のリンゴ。「奇跡のリンゴ」「不老不死のリンゴ」とも呼ばれ、収穫しても4ヶ月間腐らず味の変化も無い事で抗酸化力や再生力が研究され、そのエキスからリンゴ幹細胞エキスが開発された。

 

ビューティーオープナー クリーム

ビューティーオープナークリームの主な美容成分は次の通りです。

  • エラスチン
  • ピクノジュール
  • プロテオグリカン
  • セラミド
  • 酵母

 

ビューティーオープナーのクリームももちろん卵殻膜エキスを含んでいます。

 

ビューティーオープナーのクリームを使う事により、保湿効果が高まるのはもちろんですが、この他に6種類のコラーゲンも含み肌に上向きのハリを与える事が考えられています。

 

商品ページには次の3つのハリを与えると紹介されています。

  • クイックリフト:肌を瞬間的に伸ばしその効果が長続きする。
  • オシリフト:シワを伸ばしリフトアップの効果もある。
  • シュバーリフト:肌の表面に皮膜を作りハリを与える。

 

このビューティーオープナーローションとクリームはセット販売になっていますが、セットにはビューティーオープナー美容液も3日分ついてきます。

 

またビューティーオープナー美容液を購入すると、このローションとクリームの1日分のサンプルがついてきます。

 

ビューティーオープナーの口コミでは匂いを気にする人も

ではビューティーオープナーの評判を知るタメに実際に使ってみた人の口コミを見てみましょう。

 

朝ビューティーオープナーを使ったのですが、寝る前の洗顔で、肌がもちもち、ツルツル、しっとりしているのがわかりビックリしました。これからが楽しみです。(50代)

 

最初は半信半疑でしたが、肌の感じがゆで卵のようにツルッとしてきているのが毎日実感できます。(40代)

 

肌が明るくなった気がするし、化粧水もグングン染み込んでいくのがわかります。毛穴も小さくなってきている様に感じます。(30代)

 

ほうれい線と毛穴のケアに使っているので使うのが少量ですみ、コスパが良いです。毛穴が目立たなくなりほうれい線も薄くなっている感じです。(40代)

 

ビューティーオープナーの口コミでシミについては「肌が明るくなった」と記載している人が多いです。

 

明るくなったと言うことは美白効果がでている他にシミも薄くなっているのでしょう。

 

また使用感については、匂いを気にする人もいるようです。

 

なかにはビューティーオープナーの匂いがプラセンタの匂いに似ているという口コミもありますが、確かにプラセンタは胎盤、卵殻膜も卵の中身やヒヨコを守る胎盤と言え、同じ様な性質なので匂いも近いのかも知れません。

 

そう考えると、卵殻膜エキスはプラセンタと同じ様な効果も期待できそうです。

 

美容の口コミサイトでおなじみのアットコスメでも、ビューティーオープナーは導入美容液ランキングにランクインし、ランキング1位になった時がありますが

 

ビューティーオープナー アットコスメ

 

ビューティーオープナーの口コミには50代でも効果を実感している人がいて、これは年齢は関係ない卵殻膜美容液の大きな特徴といえます。

 

それはコラーゲンを増やす化粧品は他にもたくさんありますが、V型コラーゲンにアプローチしているのはビューティーオープナーだけだからで、これを考えればコラーゲンがより減っている40代や50代の人の方がより効果を感じるかも知れません。

 

またブログでビューティーオープナーの口コミを投稿している芸能人や有名人もいて、卵殻膜を使ったビューティーオープナーは気になる存在になっている様です。

 

*ビューティーオープナーの悪評の口コミについてはこちらのページで取り上げています。

 

ビューティーオープナーの悪評の口コミを知っておこう

ビューティーオープナーの使い方

ビューティーオープナーの使い方は簡単で、使う量は1〜3滴。

 

洗顔後にすぐ肌に塗るのがポイントで、すでに他の美容液やスキンケ用品を使っている場合でもそれらにビューティーオープナーを混ぜて使う事も可能です。

 

ふだん美容液を使っていない人は、洗顔後ビューティーオープナーをそのまま使えば良いだけです。

 

洗顔後すぐに使用し化粧水や乳液などはその後の使用になるので、ビューティーオープナーは導入美容液という位置づけになります。

 

使い方によっては1瓶で1ヶ月半から2ヶ月もつという口コミもありました。

 

ビューティーオープナーの使い方

 

また、ビューティーオープナーを使った後は手にも少し塗り込んでおけば手の水分をキープする事もできます。

 

これは手のスベスベ感はもちろん、冬場によくある静電気の発生をおさえるというメリットもあります。

ビューティーオープナーは販売店舗や市販の取扱店が無い通販商品

実際にビューティーオープナーを購入するとなると、市販されているのか?ドラッグストアーなどの店舗で取り扱っているのか?など、通販も含めビューティーオープナーの取扱店や販売店が気になるでしょう。

 

しかしビューティーオープナーは通販限定商品なので、薬局やドラッグストアーなどの店舗では販売されていません。

 

通販となれば、楽天市場やAmazonを見ればビューティーオープナーの販売店がだいたいわかります。

 

また価格も気になるところですが、通販であれば値段も比較しやすいし安く販売されている販売店も簡単に探す事もできます。

 

そこでビューティーオープナーの販売店を楽天市場とAmazonで確認してみます。

 

ちなみにビューティーオープナーの通常価格は¥5,800(税抜)で、内容量は18mlです。

 

 

ビューティーオープナーの通販の販売店と定期割引き

ビューティーオープナーを販売する通販の販売店を楽天市場とAmazonで見ていくと、次の様になっています。

 

楽天市場の販売店

楽天市場ではどの販売店でも7,000円(税別)で販売されています。

 

ビューティーオープナーの販売メーカーのオージオは、正式に通販限定商品と言っているので、楽天市場で販売している店舗は直営店や代理店としてではなく、普通に商品を仕入れて販売しているのでしょう。

 

Amazonの販売店

Amazon(アマゾン)では意外にもビューティーオープナーの販売がされていないようです。

 

ではビューティーオープナーの公式サイトではどの様な販売がされているのでしょう。

 

 

メーカー公式サイト

ビューティーオープナーを販売しているメーカーはオージオ(OZIO)です。

 

オージオは通販会社ベルーナのグループ企業なので、知っている人も多いかも知れませんが、だから通販に力を入れ通販限定商品にしているというのもうなずける事で、よくわからない会社が卵殻膜を持ち出して販売しているワケではないです。

 

>>オージオとは

 

そのオージオの公式サイトを見ると、初めての人限定でビューティーオープナーのお得な定期購入が用意されています。

 

その内容は初回がお試し価格の1,980円(税別)で、2回目からも毎回23%OFFの4,466円(税別)。送料も無料とビューティーオープナーを最も安い値段で入手できグンとコスパが良くなります。

 

またビューティーオープナーを定期購入で購入すると、ビューティーオープナーローション(化粧水)とクリームのサンプルが付いてきます。

 

定期購入の解約はメールか電話

ビューティーオープナーが不要になった時は、定期購入の解約をする事ができますが、お届け日の10日前までにメールか電話で連絡しないと停止処理が間に合わない事があるとホームページに記載されています。

 

またオージオネット会員を退会しただけでは商品の解約にはならないので、商品の停止をする時は必ずメールか電話で連絡する必要がある様です。

 

 

11059

page top